当事務局は、災害時にDPATが迅速かつ効果的に活動できるよう情報収集・発信等を行い、全国の精神科医療・保健体制を統合した形でDPATの体制整備を促進してまいります。

平成30年度石川県DPAT研修に講師として参加しました。

<日付>
平成30年10月14日

<場所>
石川県こころの健康センター

<参加者>34名

(1)石川県災害派遣精神医療チーム(DPAT)として活動する精神科医療機関の従事者(見込み含む。)である医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、事務職等
(2)県(県庁・県保健福祉センター)及び市町防災担当・障害保健福祉担当課等の職員
(3)この他、DPATへの理解と協力を得る必要があると認められる機関や団体の職員等

<概要>
災害医療概論とDPATの活動理念に関する講義、ロジスティクスに関する講義・演習、災害演習を行いました。



▲リストに戻る

↑ PAGE TOP